日常の記録

都内一人暮らし、中年の男の日記です。

2020.12雑記

2020.12.30

www.sanspo.com

たまたまこのラジオを聴いていました。私は大吉さんとほぼ同い年なので、言っていることはよく分かります。私の職場でも挨拶をしない若い方はおられます。それでも良いのかもしれませんが、とりあえず挨拶だけはしておくと印象は良くなるのになと思います。松村邦洋さんが「挨拶にスランプなし」と言っていたのは名言だと思います。

www.nhk.jp

再放送をやっていたので見ました。いろんな方が演奏していたけど、音大を卒業してピアニストを目指したけれどなれず、目標を失い自殺未遂を繰り返していたという女性を見て、何とも言えない気持ちになりました。

たとえピアニストになれなかったとしても、身につけた演奏技術は貴重なものなので、アマチュアやセミプロでも演奏を続け、自尊心を回復していただきたいと思います。番組を見た後、部屋の電子ピアノで基礎練習をしました。

2020.12.29

今週のテレビは年末だからか収録やドラマの再放送ばかりで、あまり面白くありません。そこで録画しておいたこの番組を観ました。場所は旭川にある宝くじ売り場です。高額当選者がたくさん出ているそうです。宝くじは割の悪いギャンブルだと思っているので私はやりませんが、当選した時の使い途をあれこれと考えるのは楽しそうです。この番組はさまざまな方の人生を知ることが出来るので楽しいです。

2020.12.28

www.msn.com

私とほぼ同い年の方が新型コロナウィルスで亡くなられたのはショックです。基礎疾患のある方は危険と聞いていましたが、早く医者に診てもらうことは出来なかったのでしょうか。ご冥福をお祈りします。

2020.12.27

きょうは日曜日でした。新型コロナウィルスの影響でステイホームが呼び掛けられていますが、家の中ばかりにいては気が滅入ります。食料品の買い出しも兼ねて出掛けて来ましたが、何となく人々に余裕が無いように感じられました。師走であるのと新型コロナウィルスで生活が大変なのかも知れません。トラブルを避けるためにも、なるべく人の多いところに行くのを避け、静かに暮らそうと思いました。

2020.12.25

本日にて今年の仕事もほぼ終わりました。コロナ禍で色々ありましたが、職にあぶれることもなく、大きなトラブルもなく過ごせたのは本当にありがたいことです。来年も無事な1年になるよう努めたいと思います。

 

2020.12.22

www3.nhk.or.jp

今年は職場の納会は中止になり、代わりに酒とつまみが配られました。私は外で食べることはありますが、他人と食べることは殆どありません。そのお陰なのか、今のところコロナの症状はありません。こうなると私のように友達が少なくて寂しい人間のほうが新型コロナに罹患しにくく、むしろ良かったのかなとも思います。

2020.12.21

www.youtube.com

名誉毀損訴訟の一審判決が出た日、ちゃんと会見場を用意してマスコミを呼んでいたんですね。これだけでも随分とお金がかかったと思います。父親の名誉を傷つけられたとして、普段のおちゃらけた太田さんからは想像も付きませんが、ここまで本気になっていたとは。何も裁判まで起こさなくてもと思っていましたが、彼の思いが伝わる会見でした。

2020.12.20

www.yomiuri.co.jp

エレファントカシマシはデビュー当時に雑誌で知り、好きになりました。愛知県勤労会館で行われたデビュー直後の「千円コンサート」にも行き、客が少なく寒々とした中で見たのを覚えています。当時は一部の熱狂的な音楽好き以外には知られていない存在で、給料も少なくて大変だったようですね。

売れなくて契約が切れたのがショックで辛く、身に沁みたのでしょうね。再度メジャーで出てきてからは曲も皆に受け入れられるようなものに変わり、今や大人気のミュージシャンになりました。昔の客席がガラガラだった頃を知る者としては寂しいような気もしますが、これだけバンドが続けられているのも売れて生活が出来ればこそなので、良かったですね。


2020.12.18

Twitterで流れてきたこのツイートを見て、音楽家の厳しい現実を知りました。

有名音楽家で年収30万円とは…。これでは食べられないから、アルバイトでもして食いつながないとやって行かれませんね。そういえば先日病気の時に頼んだ出前館は、革ジャンを着たミュージシャンの方が配達してくれました。芸人さんでもウーバーイーツの配達員をしている人が多いらしいですね。ネットの時代になってからライターさんの原稿料も大幅に下がり、生活が厳しいと聞きます。私のような怠けていたい凡人には、会社勤めが向いていたようです。

2020.12.16

年の終わりに

早いもので今年もあと2週間で終わりですね。私の場合は健康で仕事に恵まれ、事故や災害に巻き込まれることもなく平穏無事に終わることが出来そうです。今年はコロナ禍などの影響で辛い思いをされた方が本当に多かったので、本当にありがたい限りです。子供の頃からパソコンが好きで、ずっといじっていて得られた知識が役に立ち、おかげで何とか職に就けています。私は非常に運が良かったと思います。この先も何とかこのスキルで食べて行くことが出来て、困っている人の役に立ちたいと思っています。

2020.12.15

togetter.com

50代の私ですが、職場では20代くらいの若い方とも仕事をしています。面と向かって言われることはありませんが、おそらく「老害」と思われているんだろうなぁと思います。しばしば物事の考え方で違うと思うこともありますが、なるべく何も言わないようにしています。言ってしまうと空気が悪くなるし、自分の考えに凝り固まり、自分が正しいと思いこんでしまうと、この先生きるのがしんどくなりますからね。

2020.12.12

昨日は金曜日でした。師走のこの時期、例年なら居酒屋は大繁盛しているのに、早々に閉めてしまった店をいくつも見掛けました。新型コロナウィルスの影響で忘年会の予約もなく、リモートワークが増えて客も少ないので、利益が出ないのでしょうね。飲食店は本当に大変です。またアルバイトをしていた学生さんなんかも仕事がなくて稼げず、生活苦の方も多いようです。何とかならないものでしょうか。


www.tokyo-sports.co.jp

偉大な芸人さんが亡くなられました。私は子供の頃はテレビをほとんど見られなかったこともあり、彼の全盛期はよく知りませんが、時折テレビに出てくる姿を見ると、さすがに長い下積みに裏打ちされた渋い芸を見せるなと思っていました。

最近図書館で借りて読んだ本です。

昭和と師弟愛 植木等と歩いた43年

昭和と師弟愛 植木等と歩いた43年

  • 作者:小松 政夫
  • 発売日: 2017/09/28
  • メディア: 単行本
 

師匠の植木等さんとの、大変ながらも素敵な日々が描かれています。私も偉大な師匠を持ちこんな風に生きてみたいですが、これは昭和の時代の話だろうなとも思います。また最近の芸人に対しても批判的なことを書かれていたのは残念でした。昭和から令和の間で世の中は大きく変わっているので、昭和の価値観を持ち出して批判するのは恥ずかしいことではないか、と自戒も込めて思います。

2020.12.08

www.nikkan-gendai.com

アンジャッシュの渡部さんを見ていると、つくづく日頃の行いが大事だなぁと思います。彼のことはテレビでよく見掛けていましたが、少々傲慢な雰囲気を感じていましたし、相方のことも見下しているように見えました。自分もつい調子に乗ってしまうことが多いので、周りの方からそう思われないように気をつけたいと思います。

2020.12.06

たまたま見掛けたこのツイートで、大貫さんのライブに坂本さんが出演することを知りました。チケットを追加発売するとのことで調べてみたら、代金は何と11,000円。ビッグネームのお二人かつコロナ対策でお客さんを詰められないのが理由かもしれませんが、私にはちょっと手が出せませんでした(私が見たときには既に売り切れていました)。コロナ渦でエンタメ業界が大変なのは分かりますが、それで入場料が上がってしまうと、行きづらくなってしまいますね。

 

2020.12.05

土曜日で天気が悪かったので、ほぼ家にいてゲーム・音楽などを楽しんでいました。

【PS4】DEATH STRANDING

【PS4】DEATH STRANDING

  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: Video Game
 

前々からやりたいと思っていたこのゲーム、先日ダウンロード販売で安かったため買いました。とにかく映像が綺麗で、映画を見ているかのような感覚になります。また自然環境や生き物がリアルすぎて、気持ち悪いとすら感じます。 小島秀夫氏はメタルギアソリッドで有名な方ですが、私ははるか昔にちょっとプレイした程度でよく知りません。始めたばかりなので評価は出来ませんが、年末年始に楽しみたいと思います。

重力と呼吸

重力と呼吸

  • アーティスト:Mr.Children
  • 発売日: 2018/10/03
  • メディア: CD
 

ミスチルの新譜が出たと聞きAmazonMusicで調べたけど見つからず、代わりにこちらを聴いてみました。小林武史さんが離れて自分たちでプロデュースしたそうで、今までよりもシンプルでロックな作品になったと感じました。アマチュアでもコピーがしやすそうな楽曲群です。レビューを見ると否定的な意見も多くセールス的には振るわなかったかも知れませんが、彼らも自分たちだけでこういうストレートな作品を作りたかったのだろうなと思いました。私は彼らと同年代ですが、メンバーチェンジもせずずっと続けているのは凄いことです。

2020.12.01

サンデー毎日に、中森明夫さんによる竹内結子さんの追悼文。彼女が芸能界入りして最初にインタビューしたのが中森さんだったそうです。当時から魅力に溢れていたそうです。私が彼女を知ったのはドラマ「ランチの女王」で、料理を頬張るときの溢れんばかりの嬉しそうな表情が最高だったのを覚えています。あの魅力的な笑顔を思い出して、感傷的になってしまいました。改めてご冥福をお祈りします。