日常の記録

都内一人暮らし、個人向けPCスマホサポートをする男の日記です。

FP2級を受験します

www.jafp.or.jp

3級合格時点から思っていましたが、ついに決心して2級を受けることにしました。FPの試験勉強で得られるは自分の人生に役立ちますし、やはり試験を受けるとモチベーションが上がるので。

2級は学科と実技に分かれていて、合計した受験料は手数料込みで11,855円。高くて泣きそうになりました。

試験日は9月8日なので、もう2ヶ月を切っています。これから頑張って勉強します。

協会けんぽの保険料率は県によって違う

www.kyoukaikenpo.or.jp

FP2級の試験勉強をしていて知りました。私は東京都在住の会社員ですが、協会けんぽに入っています。

上の表を見ると、東京都の保険料率は9.98%です。ほぼ1割ですね。県によってどれだけ違うのかを見ると、

保険料率が一番低い県 沖縄県 9.52%

保険料率が一番高い県 佐賀県 10.42%

なので、0.9%の開きがあります(労使折半なので労働者にとっての開きはその半分)。

そこまで大きな開きではありませんが、保険料率の低い県に住んだほうが得だなと思ってしまいました。この保険料率がどのような計算で算出されているのか、気になります。

2024 東京都知事選挙


f:id:tamasuji:20240707074533j:image

候補者乱立で白けてしまい、盛り上がりに欠けた今回の東京都知事選挙です。私も今朝出掛ける際に投票日であることを忘れていて、投票券を取りに帰りました。

上の写真は昨日撮影したものですが、ポスター掲示場には10枚程度しか貼られていませんでした。私は都知事には蓮舫さん、都議会議員補選には篠原里佳さんに票を投じて来ました。どちらも当選してほしいですが、どうなりますやら。

仮に私が投票した人が落選しても、それで良いと思っています。私の1票は間違いなく得票数としてカウントされ、それが候補者や周りの人たちの次の行動に繋がると思うので。

みさきまぐろきっぷ

newcal.jp

都内から三崎港のまぐろを食べに行く際にお得で便利な「みさきまぐろきっぷ」。

以前より気になっていたので、これを使って行ってきました。4千円弱で往復の電車代、エリア内のバス代、昼食代+α(加盟店で使える券)が楽しめるので、なかなか良かったです。週末なので人気のあるお店やバスは混んでいましたが、まだそれ程ではありませんでした。行程はこんな感じでした。

 

都内より京急に乗り、三浦海岸駅で下車。

www.miuracycle.com

みさきまぐろきっぷで自転車を借り、三浦海岸沿いを走って三崎港まで。海岸沿いを走るのは気持ちが良かったですが、アップダウンのある狭い車道が長く、電動アシスト自転車でしたが意外とキツかったです。疲れたため三崎港で乗り捨てたので、乗り捨て料金500円を払いました。

tabelog.com

趣のある旅館で、「まぐろきっぷ膳」を頂きました。色んな料理がすこしずつ乗っていて、どれも美味しかったです。鮪の刺身が少なかったのは残念でしたが、他のお店でまぐろを食べると良いかと思います。

www.umigyo.co.jp

こちらの1階の売り場を巡っていたらソフトクリームが売られていました。暑かったので迷わず注文。400円でしたが美味しかったです。

 

三崎港からは京急バスに乗り(混んでいました)、三崎口駅へ。そこからはまっすぐ電車で都内へ帰りました。

三浦半島の海、長閑な景色、美味しい料理で癒やされました。またこの切符を買って、三崎港に行こうと思います。都会の生活に疲れた皆さんにもオススメいたします。

注文のタッチパネル化の話

久住さんのこのポストが炎上してしまったようです。

最近はタッチパネルやセルフレジなど、店員さんとのやり取りを減らすための仕組みが増えました。入店から退店まで、一言も言葉を交わさないお店もあります。

アルバイトスタッフの不足や人件費の節約への対応としては理解できますし、タッチパネルのほうが注文しやすい(障害のある方への対策は必要と思いますが)こともありますが、何だか味気ないような気になることもありますね。

私が行くような安いお店で、店員さんの温かい接客を望むのは無理なのかも知れませんが。

品川4人死亡事件のこと

www.sankei.com

この事件現場付近は私もよく通る場所でもあり、犯人の年代も近いことから関心を持ってみています。

犯人のTwitterを見ると、「動画編集でお金を稼ごう」というビジネスに引っ掛かってしまい、受講しても仕事が無く行き詰まってしまったように思えました。

世の中に「独立して◯◯で稼ぐ」といった類の商材は多いですが、スキルは獲得出来ても、顧客を獲得することが難しいのが世の常です。自分も気をつけようと思いました。

ザ・ノンフィクション「声優になりたくて2 ~アヤの後悔しない生き方~」

声優を目指す若い女性の厳しい現実を見せつけられました。年間数万人の声優志望者がいる中で、声優になれるのはごくわずかの厳しい世界です。努力でなれる仕事ではなく、天賦の才能や魅力がないとなれない仕事のようですね。

TVの演出もあるとは思いますが、元々頭が良くて勉強の出来る方なのだから、待遇の良い仕事をしつつ声優の勉強も頑張れば良いのではないかと思いました。

陰ながら応援しています。